理想的な日焼け止めがあるのか?について考えてみた

日焼けシーズン真っ只中ですが、1番の悩みといえば、「いつまでこの暑さが続くのか」問題。
 
まだまだ強い陽射が続くので、日焼けをブロックしてくれて肌にいい理想の日焼け止めについて考えてみたところ、非常にシンプルな結論にたどり着いたわけです。
 
 

結論:SPF30の日焼け止めを2時間おきに塗る

 
それで、他には?いえ、これだけです。
 
まず、SPFは日焼けする時間をなるべく遅くする効果をあらわす数字
 
例えば、通常は10分で日焼けする人がSPF15の日焼け止めを塗ると、15倍の約150分まで日焼けをふせぐことができるわけですね。
 
ですが、WebMDによれば、
 

日焼け止めは紫外線で劣化する

というデータを出していたりします。「え、それってやばくないっすか?」ってことになるわけですが、
 
劣化する=肌に危険ではない
ということだけは最初に理解をしておいてください。その上で、話を続けますと、
 
なので、2時間ごとに塗り直さないといけないわけ。そのままにしていると詳しくは下に書きますが、活性酸素を生み出しやすくなるってわけです。食べ物もそうですが、なるべく新鮮なものを使おうねということ。
 
つまり、よほど肌が焼けやすい人じゃなければ、SPFは15〜30ぐらいで十分って結論になっちゃうんですな。逆に、SPFが100もあると成分が濃すぎて肌の負担が増えるだけ。
 
 
次に、成分について。

合成化合剤か酸化亜鉛が使われいるけど、どっちがいいの問題

いま市販からネット上の日焼け止め製品は、合成化合剤か酸化亜鉛が使われているんですが、どっちがいいのか問題が浮上するわけですが、

この両方の内容を調べてみたんですが、どちらも危険性を立証した論文はみあたらないので、安全性にはほぼ問題はないよう。

 
ただ、合成化合剤はあくまでケミカルなんで、アレルギー体質な人や化学製品はあまり好まない!という人の場合は、酸化亜鉛が入った商品の方がオススメだったりします。
 
一部には、酸化亜鉛は活性酸素を生み出すので肌に悪い!って論文もあるのですが、「酸化亜鉛が生み出す活性酸素はごく少量」なので気にしなくていいレベル
 
この研究では、被験者を酸化亜鉛の風呂に入れたうえで、12時間にわたって日光を浴びせるという豪快すぎる実験が行われていまして、一般人にはまず関係ない話といってよいかと思います。
 
 
また、さらに不純物ゼロの日焼け止めを求める人は、Amazonで酸化亜鉛を買ってワセリンとかに塗りこんでもいいかもしれません。さすがに、そこまでやる人はいないと思いますが。。。(汗)