人生を変える「美肌」を作る最強のスキンケアルーティン

最近はスキンケアに注目が集まっているこの頃です。

「冬だから日焼け止めはしなくてもいっかー」とか、「冬だからこそ保湿を念入りに」という話をよく耳にします。

30代を過ぎてどんなスキンケアをしたらいいのか?という質問をされることも多々ありまして、「何を使ったら効果的なのか?」「どんな順番で行うといいか?」を書いてこなかったので、こちらに書いていこうと思います。

内容的には過去に紹介したこととあんまり変わっていないんですが、手順も含めてまとめていきます。

なんせ、ただ使うだけじゃ効果が半減したりしますし、逆に肌荒れの原因になってしまうので、ポイントを抑えた上でスキンケアをしていただければと思います。

結局ベストなスキンケアってなに?

ということで、皮膚科学会などが推奨しているのが、

フェイシャルマッサージや高級スキンケア商品などの効果をバッサリと『無駄』と結論付けています。

何を使ったらいいのかという結論は、日焼け止め、ワセリン、レチノール!

アメリカ皮膚科学会の見解では、日焼け止めと保湿をしておけば問題なしと言っているほど。

ここに先日話をしましたビタミンAのレチノールをやっておけばシワ対策も万全!になります。

まぁただ、−10歳とか魔法のようなことは起きないので、シワが増えにくくなって減りやすくなるよって覚えておいてくださいね。

個々によって体質や効果は変わってくるので異論がある方もいるかもしれませんが、今のところの科学を通じた皮膚の研究になるので、ひとまずはというところです。

美肌を作るスキンケアルーティン

ということで、今のところいいと言われているルーティを順番で書いていきたいと思います。

1.とりあえず風呂上がりにレチノール

というわけで、まずはレチノール。

「あれ?保湿じゃないの?」と思ったかもしれませんが、実はレチノールが先になるんです。

皮膚に吸収される数少ない成分の一つ、ビタミンAが入っている『レチノール』。

肌に最初に塗らなければ効果はあまり期待できないので、風呂上がりにサッと塗るのがオススメ。

レチノールは効果が認められているんですが、この効果が高すぎるために肌への刺激が強めなのが難点。

レチノールクリームでシワが減るって本当?」でも書いているので詳しく知りた方はこちらをどうぞ。

敏感肌だったり、ちょっと乾燥しやすいという方は少しずつ使ってみることが大切。肌があれたり、赤くなったりしたら、一旦休止期間を置くことが重要。

だいたい、週に1〜2回ほどの使用に抑えておく方が肌のターンオーバーを早め過ぎないので負担が少ないと言われております。

クリームはちょっと不安な方には、ロールオンもあります。このロールオンは、スポット使いができて、クリームタイプより使い勝手がよろしいです。

だいたい週2〜3回ぐらい気になるエリアに塗りたくればOK。効き目がクリームよりマイルドでいいです。かなり適当な量を使っても肌が赤くならないんで、普段使いにはロールオンのほうがよさげ。

というわけで、集中的にガッツリとシワに効かせたければクリームを、日常的なメンテナンスにはロールオンの使いわけできるといいかと。

2.レチノール後のワセリン

そして、なんといっても重要なのがこの保湿。

ワセリンが一番簡単で最強なんじゃないかと思っていますが、使い方は手を洗ったとはお風呂に入ったとなど、水作業をした後にサッっと塗るだけ。

保湿の基本は、肌の水分が抜け出さないように表面に油で覆っちゃうこと。

「ベタベタが気になってちょっと…」という方はココナッツオイルでもOK!ちなみに、冬場はココナッツオイルが固まってしまうので、手で溶かしながら塗る感じになります。

ワセリンであれば、大洋製薬のワセリンHG。100gで400円以下なんでお店で売っているワセリンよりもコスパがいい!

また、ココナッツオイルであれば、Jarrow Formulas, オーガニック、エキストラバージンココナッツオイル

食べれる基準のオーガニックなので、もし塗ってあまりよくなかったという場合でも料理にも使えるのでオススメです笑

ワセリンやココナッツオイルじゃなくてもニベアや馬油とかでもOKです。「こんな安物で大丈夫かな…」とか悩まないのが大事。

そして、最後に、

3.外出前の日焼け止め

30分以上、外で陽を浴びる場合は日焼け止めは必須。

どんなに冬場であろうと、紫外線は予防しておくことにこしたことはありません。なんといっても紫外線のダメージで肌が老化していくのはいうまでもありませんよね。

せっかく保湿やシワなどのスキンケアをしても日焼けでダメージをくらっては、±0どころか、マイナスでしかありませんから。

で、オススメの日焼け止めについては「バジャーカンパニー」の日焼け止めを使っております。この日焼け止めはこれがベストかも!?からどうぞ。

広域スペクトラム&SPFが30程度で、防水仕様なのもいいところ。

最近はSPF50とか言われていたり、パウダーなど色々と出ていますが、よほど肌が焼けやすい人じゃなければ、SPFは15〜30ぐらいで十分。

逆に、SPFが100もあると成分が濃すぎて肌の負担が増えるだけという結論に行き着いています。

まとめ

今のところ安全でかつ効果が実証されているものを使っております。

もっといい製品があれば、そっちに変えるかもですが現段階では、この方法でこの製品をある程度使っていくことになりそうです。

肌に塗っておけば美肌になれる!というものでもないので、食生活や運動も必須です。

なにせ腸内細菌やポリフェノールも大事と言われているので、体内からのケアも重要ということです。

外側から守って、内側から作る。

この方法でしっかりとアンチエイジングをして、美肌を目指していきましょう!