ダイエットが白髪を減らしてくれる効果があった!子どもにも効果も・・・?

ダイエットをした後って白髪が増えた…なんて悩みも増えたりします。

最近では小学生の若白髪が増えていますよね。親御さんは病気や学校で何かあるんじゃないかって心配だと思います。

近年では、「白髪の原因はストレスだ!」なんて言われてたりしますが、これはあくまでも1つの要因。年齢的なものもあるし、ストレスを溜めてしまう生活、食事などなどいろんなものが原因なわけです。

ストレスが原因だ!と言い切っているのは如何なのかなーと思ってしまうわけですが・・・

で、当の私も白髪とは無縁でしたが、30を超えたあたりから白髪がちょこちょこと見られるようになりました。

抜くのが気持ちよくて・・・というのは心の中にしまっておくとして笑

一度白髪になると元に戻らないなんて言われておりますが、プチ断食をしつつ食生活を変えて半年したら面白い変化が。

というのも、鏡の前で白髪を探しても見当たらない・・・!!

白髪の量が減り始めたんですよね、なぜか。

ダイエットって老ける原因の一つでもあるので、どちらかというと白髪が増える人が多かったりします。どちらかというと。

「どうやったら、ダイエットをしながら若返ることができるのか?」という話を聞かれるので、まずはこれで白髪が減ったよ!

という体験談も交えながらお話ししていきます。

ダイエットをすると体が老化する

せっかくダイエットをしたのに、逆に老けて見えるようになった。と悩んでいる人も多いです。

実際にシワが増えたり、ガリガリに痩せて不健康に見えたり、さらには白髪が一気に増えることも・・・

恐ろしいですねー。

ただ、これってダイエットのやり方を間違えているだけで、本当ならそんな状態にはならんわけですよ。

だって、綺麗に痩せてる人もいるし、メタボがムキムキマンになったりしているわけですから。

「じゃあ、この差って一体なんなの?」

そして、「うちの子どもの若白髪をどうにかしたい!」

という方には必見ですので、是非とも参考にしてみてくださいねー

白髪は老化のサインじゃない!

確かに歳をとれば自然に白髪は増えます。ですが、100歳を目前にしているうちの祖母は白髪がほとんどない!ということに気づきました。

そして、私自身が30歳を過ぎたのにも関わらず白髪が減った。

ということは『老化そのもの』がすべての原因ではないということがわかるわけです。

混乱するといけないので、代謝や体の炎症、栄養によって白髪や身体的特徴に現れる。

だから、すべてが老化でもストレスというわけではない!ということです。

ある記事に書いてあったのですが、

白髪は、人体が適切な量のメラニンを生成できないときに起きる。メラニンは、髪の毛に色をつける天然の着色料だ。 メラニンを作るには、チロシンという非必須アミノ酸が必要となる。チロシンは、メラニンのほかにも、ドーパミン、ノルエピネフリン、コエンザイムQ10、甲状腺ホルモンの原料として使われる。

食事からとるタンパク質の量が少ないと、必要な量のチロシンが足りなくなってしまうのだ。

と。ちょっと聞きなれない言葉が多くわかりにくいかもしれないので、要約すると、

アミノ酸はタンパク質の構成要素で、適切な量のタンパク質をとり、チロシンの合成をうながすことは、自然な髪の色を保つための解決策となる。難しい場合は、チロシンのサプリメントで補ってもよし。

ということ!

まぁ、だからと言ってストレスを無視してもOK!というわけじゃないんですけどね。ストレスはストレスでちゃんと解消しなければいけない。

でもって、そのストレスに耐えるためにも、食事も変えないといけないよねっていうわけ。

白髪が気になるならまずは食事を変えてみよう!

たんぱく質をたくさん摂ろう!といっても、どんな量でどんなものを気になりますよね。

なので、たんぱく質の必要量という記事を書いたんですが、

1日あたりのタンパク質摂取量

体重×1.6g

を目安に摂ってみてください。50キロだったら80gなので、鶏むね肉を400g。吸収率を考えるともう少し多めの方がいいかもしれませんね。。。

400gも食べれない!という方はホエイプロテインを間食や朝食前に飲むのもオススメです。

たんぱく質を増やしても、他の栄養素とのバランスが悪かったら意味がないですよね?

全粒粉パンやパスタ、玄米などの穀物類を減らすと肌にも髪にも効果が得られやすいというは有名な話。なるべく減らした方がいいでしょう。

赤身肉や貝類なんかは亜鉛や鉄分も一緒に摂れるので、特に女性は一気に髪がキレイになることが期待できますよ!

まとめ

どうしても甘いものやパンやパスタ、加工肉など、体を老化させる原因が白髪を増やしているケースが多いです。

基本的には、栄養不足を補って、髪の毛の生成や育成に必要な栄養素を摂ることが第一。

そのためには、ダイエット中でも子どもであってもたんぱく質を多めに摂って、チロシンの合成を増やしていきたいところ。

ホエイプロテインなどの代用、チロシンのサプリを摂ること。

食生活を変えるだけで、キレイな肌と髪が手に入る!というわけ。

下手な美容クリームやサプリに手を出すくらいなら、まずは食事の管理を徹底したほうが手軽で安上がりで効果は高いです。

是非とも参考にしてみてください!