集中できて仕事も勉強もはかどる!ソニーの最強ノイズキャンセリングヘッドフォン「WH-1000XM3」

自宅やカフェで仕事をしていると生活音が気になったり、勉強や読書でカフェを使う時にどうしても周りの声が気になって集中ができない!と思って、集中できる方法を探していました。

というのも、ADHDの気質を持っていまして、小さい頃から注意がそれやすく、ちょっとした音にビクッと集中がそれやすい体質でした。

ただ、会社で仕事をするときも、家やカフェで読書をしても周りの人の声や音で集中が削がれてしまう…せっかくの楽しい時間がただ周りをキョロキョロしただけで終わってしまうこともしばしば。

無音で勉強したり、仕事をすると集中できるし記憶に定着する!との研究データをみて、これは是非とも試したい!と使い始めたノイズキャンセリングヘッドフォン。

ノイズキャンセリングを使い出したら、「いままでこんな騒音の中で暮らしてたのか!」と思うほど、いかに周りに住んでる人の生活音や車の音に惑わされていたのjかを実感いたしました。

少なくとも私のような音に敏感だったり、周囲の雑音で集中がしにくいなんて人には合っていると感じます。また、ADHDの子どもかにもノイズキャンセリングのヘッドホンを使うと集中しやすくなるという話もちらほら。子どもにはちょっと大きすぎるかもしれないですが、試す価値はあるかもしれませんね。

ソニーのワイヤレスヘッドフォンWH-1000XM3

今回試したのが、世界最高クラスのノイズキャンセリング機能を持っていると言われているソニーのワイヤレス式ヘッドフォン「WH-1000XM3

色はプラチナシルバー。イヤーパットは低反発のウレタンが使われていて、1日5〜6時間つけていても全く耳が痛くならない優れもの。普通のワイヤレスイヤホンだと8時間再生で切れてしまいますが、このヘッドホンは1回の充電で30時間前後使えるので、急なバッテリー切れもなく快適。素晴らしいの一言です。

 

電源ボタンを押すとノイズキャンセリングが起動すると同時にブルートゥース接続。なので、やることはただ一つ。「耳に当てる」だけ。

ノイズキャンセリングはどうかと言うと、普通の会話であれば目の前で喋ってても聞こえないですし、自宅前の車やバイクなどの音が「数キロ先で走ってる??」って思うほど!これに加えて、自然音やホワイトノイズを流すとほぼ周囲の雑音は気にならな悪て快適!

WH-1000XM3」は、気圧の変化を察知して最適なノイズキャンセルレベルに調整してくれたり。まだ飛行機内で使ってないので気圧センサーのメリットを享受できてないのですが、使った人の感想は無音そのものだったそうな。電車の音も聞こえないので、移動が多く英語などのリスニングにもかなりオススメです。

おまけ

最近の研究によると、本を読んだり、テストや資格試験の勉強だったり、新しい知識を覚えたいときは『無音』が記憶の定着には一番の効果的なんだそう。音楽を聴きながらは注意が分散しちゃうからNGとのデータも。

ちなみに音楽を聴きながら注意を分散させたいときは、アイデアを思いつきたいときなんかにおすすめ。自然の中を歩きながらとかだと、いいアイデアが思いつきやすいんだそう。

ぜひ、参考にして試してみてくださいね。

下記からAmazonに飛ぶことができるので、興味がありましたら機能全般を確認してみてくださいね。