18日で1kg増える!?睡眠不足は太る原因に

睡眠不足はよくないとわかっていても、「どうしても今日中にやっておきたいこと」とか「気分転換したい」って思って睡眠時間を削ってしまうのが人ってもの。

ちょっとちょっとがデブの素

という名言があるように、ちょっとちょっとの寝不足がデブの素なんですよね。

「昼間眠くなるくらいでしょ」と安心している人に、どれほど睡眠不足が危険なのかを改めて知ってもらえたらいいかなと。

たった1日の寝不足で食欲が暴走する

寝不足がデブの素っていうからには、ちゃんと理由があるんですよね。

たった1日4時間の睡眠を続けると、インスリン抵抗性がアップして、糖尿病リスクが劇的に上がってしまうしんですな。

しかも、コルチゾールも増えるから、空腹が時間が長くなって普段よりも摂取カロリーが増えやすくなるんだそう。

ホルモンのバランスが崩れちゃうのが原因。

肥満の人の多くが食欲や代謝をコントロールできないんですが、脳や身体のホルモンバランスがホルモンが効かなくなっちゃうんですね。いやーこわいもんだ。

食欲を暴走させる寝不足には麻薬中毒と同じ状態作用が

食べ過ぎるならコントロールしたらどうにかなるんじゃないって思う人も多いんですよね。

睡眠不足で脳の働きが変わって、ドーパミンの働きが低下

今までドーパミンによって、高まっていたやる気り、ご飯や遊びをほどほどに楽しめていたのに、寝不足によって満足できないカラダに。

ダイエット中に甘いものを我慢していたら、めっちゃ食べてしまったり、お酒を飲んだ帰りにラーメンを食べたりってドーパミンの影響だったりもするんですよねぇ。

普通は、脳が満足しなくなって食事に走るっ!って仕組みなんですが、

寝不足 → 脳が満足しない → 何か食べたくなる → 満足しない → 何か食べたい!

って無限ループに突入してしまいやすいんですよねー。

1日の寝不足はボテトフライ1個分のカロリーが増える

ドーパミンが働かなくなったらどのくらい太りやすいのかというと、平均385kcal。

大したことなさそうに見えるじゃないですか?でも怖いのは1日でみるとそんなでもないように見えるんですよね、これが。

これを消費するにはどのくらい運動しなければいけないのかというと、

体重50キロの人が30分ジョギングをした消費カロリーが217kcal。

30分運動したところで、増えた摂取カロリーを超えるのはかなり大変!

じゃあ一晩の寝不足で何を食べている計算になあるのかというと、

『ポテトフライ1個を毎日食べている』ことに。

どんなに普段からカロリー制限していても寝不足だったら効果はないかもねってことになるんだよね。

おおざっぱですが、計算をしてみると、18日で1kg。1ヶ月で約2kgも太ることに……

脂肪摂取量が増えて、タンパク質の摂取が減る。

と、嗜好品と言われる舌の好みも変わってくるようなので、ドーパミンの影響はやばいと言えそうです。

最近寝不足だなとか、寝不足だけど夜中に何かしてしまう人は、ほどほどにして睡眠を確保することを強くオススメしたいと思います。