ダイエットで痩せない?それ、もしかして「慢性炎症」かも

しっかりと栄養バランスと運動をしていれば、もちろん体重は減るわけですが、どうしても痩せなかったあり、体調がなんとなく良くないという問題も起きたりします。

ですが、それ以上に気をつけないとけないのがあります。

それが『慢性炎症』

この慢性炎症は「万病のもと」と言われるくらい、人間の体に大きな影響を与えます。

慢性炎症が起きると…
病気にかかりやすくなる
早死にしやすくなる
見た目が老けてみえる

という傾向が強く出てきます。

しかも、この炎症とダイエットはかなり密に関わっていて、太っているから炎症が起きやすいですし、炎症が起きているから太りやすくなるってことにもなります。

この炎症の原因って何か?というと、食事、睡眠、運動、ストレス、大気汚染などなど、あらゆることが炎症を引き起こす原因になります。

そんなわけでダイエットや体調をリセットや最適化するにはこの対策が欠かせないポイントになります。

ですので、カロリー制限やプロテインをとっても痩せない…ということがあれば、この慢性炎症を疑ってみるといいと思います。

万病のもと!慢性炎症って?

まずは炎症というものの話から。

体に異変(例:ケガや風邪など)が起きたときに、体が免疫を使って自分を守ろうとする働き。

インフルエンザに罹ったときに熱が出る、手を切ったときに赤く腫れ上がって透明な液体が出てくる。

これは自然治癒で治そうとしているもので、炎症が起きればこの機能が働くようになっています。

このように短期間や一時的な炎症であれば体にとっては大きな負担ならないので正常。

ですが、長期的な炎症、いわゆる慢性炎症になると体にかなりの負荷と病気になりやすくなったり、痩せにくかったりします。

例えば、小腸の周りに内臓脂肪がたまると、体は免疫細胞を働かせて内臓脂肪をなくすように攻撃します。

体にとって脂肪は異物でしかないので排除したいわけです。

ですが、現代の高カロリー食や、運動不足、慢性的なストレス、睡眠不足などの影響から内臓脂肪は落ちにくいわけです。

なので、ダイエットをしても痩せない…という人が多いのはこの慢性炎症を起こしている可能性があるということ。

つまり、内臓脂肪は不調の原因であり、万病のもとであると言い替えることができます。

慢性炎症を防いで痩せるには

じゃあどうやってこの慢性炎症を抑えて、ダイエットをして痩せやすいからにできるのか。

非常に簡単ですが、なかなかできてない人も多いので是非とも試してみてくださいね。

まずは食事を改善することが炎症を抑え、ダイエットが進む!

現代の食事はカロリーが高いわりに、栄養の質が悪いものが多いです。ラーメンやケーキ、加工食品などなど。食事の改善が必須なわけです。

  • 加工食品を減らす
  • グルテン(小麦)を減らす
  • 野菜をたくさん食べる
  • プロテインタンパク質をたくさん食べる

ここがポイントになってきます。

加工食品はオメガ6が多く含まれ、免疫機能の亢進。いわゆる過剰反応が起こしやすい。
グルテンは体にとって異物と反応するため、免疫が暴走します。

それとは逆に増やしたらいいのが、野菜とプロテインなどのタンパク質。
毎日野菜を食べると11歳も若返るし、腸内環境も整う!なんて言われていますし、タンパク質系をとると炎症を抑える働きがあると言われているほど。

高脂質・高糖質系の食事をなるべく減らして、野菜とタンパク質多めの生活がいい!
ということになります。

ダイエットでどんなに痩せたとしても老けてしまっては意味ないですので、せっかくなら若さを保って、健康的に綺麗に痩せる。

これが一番のダイエットをして得たい結果でもあると思うんですよね。

とはいえ、食事だけで改善できるのか疑問に思っている人もいると思います。

ダイエットの敵!炎症を抑える方法

食生活を変えるだけではなく、他の日々の生活も変えることが必要です。

運動する時間を作る、睡眠時間の確保、慢性的なストレスの解消など。

運動不足であればあるほど、体がストレスを受けているのと変わらない状態になるので、軽度な炎症を起こすことが知られています。

さらには、睡眠不足や質の低下によって朝起きてもなかなか布団から出られない、寝た気がしないという方は慢性炎症の可能性が高いです。

常にサウナで生活をしている状態なわけなんです。苦笑

なので、運動はした方がいいよー。とか、睡眠はしっかり取りましょう!と良く言われるのは、根元にはこういった原因があるからなんです。

大切なことは、良く食べ良く動き良く寝る。いたって普通のことではあるんですが、仕事をしていたりするとなかなか難しかったりします。

なので、徐々にで構いませんので生活のスタイルを変えていくことが必要です。

まとめ

そんなわけで、ダイエットよりも大事な「慢性炎症」について話をしてきました。

ダイエットの邪魔はするし、老化するし、体調はなんとなく良くないしと良くないことずくめなので、早めにこの影響をカットすることが重要です。

ただ、上手なダイエットをしていれば、この慢性炎症も同時に減らすことができます。

なので、食事を変える、1日に30分は散歩する、寝る前にテレビやスマホは見ない。といったことができれば体調も良くなってくると思います。

ここに書かれたものを実践するだけでも体調は良くなりますので是非とも試してください。