ダイエットが辛くて泣きたい…なんでカロリー制限しても痩せないの?

ダイエットといえば、辛くて我慢するもの。その中で最も辛いのがカロリー制限。

ですが、成功している人がいるのに、それ以上の人が「なぜかカロリー制限をしても痩せない」人が多いのも事実。

実際、うまくいかないと余計につらくなるし、ダメなんじゃないかって自分を責める人もいます。

ただ、カロリー制限をして痩せないのは、

そもそも『カロリー制限をすると痩せにくい体になってしまうことを知らないから』

なんですね。

実際のところ、このポイントを抑えてダイエットを継続していけば、確実に痩せることができます。

消費カロリーが多ければ理論上は痩せるわけですし、実際に痩せてる人は世の中にいますので痩せないわけがないのは間違いありません。

ダイエットをするのであれば、「どうしたら痩せる体になるのか?」そして、「痩せるためには何をしたらいいのか?」知っておきたいじゃないですか。重要なコツでもあるので。

というわけで、ここではカロリー制限の落とし穴と対処法について話をしていきたいと思います。このポイントを、理解できるまで何度も繰り返し読んでダイエットに取り入れてみてくださいね。

カロリー制限って効果があるの?それともないの?

カロリー制限はダイエット始め、健康を保つ上でも重要なポイントの一つです。

ですが、カロリー制限をしないと痩せません。

ここで矛盾が起こるわけですよね、そう「カロリー制限って効果があるの?それともないの?」と。

答えとしては、短期的には効果はあるけど、長期的にみたら効果はないんです。

ここには1つだけ条件があるのですが、この条件をうまく当てはめるかどうかで長期的にカロリー制限をしても成功するか、辛いダイエットになるかが違ってくるわけです。

カロリー制限で痩せるのは1ヶ月くらい

どんなに我慢して辛い思いをして、カロリー制限や食事制限をしても効果は1ヶ月程度で薄れます。よくいう停滞期ってやつですね。

じゃあ、なぜ停滞期が起こるのか知ってますか?

ズバリ、『代謝が落ちる』からです。

カロリー制限の期間が長く続くと、代謝機能が逆にシフト(入れ替わって)しまうんです。

ダイエットの超重要なホルモンの甲状腺ホルモン。

甲状腺ホルモンが増えると脂肪が燃焼されやすく、減ると脂肪は減りにくくなるんです。

そんな脂肪燃焼に重要なホルモンなんですが、長期間のカロリー制限によってこの甲状腺ホルモンががっつり減ってしまう。

ということは、言わずもがなですが、脂肪が燃えなくなる!!んです……

そして、カロリー制限をしているとちゃんと栄養をとっているようで栄養が足りていないこと。

体としてはエネルギー消費が大きい部分の消費を抑えようとします。

人間にとって消費量が大きい部分というのが、筋肉なんです。

甲状腺ホルモンが減ってしまうことに加えて、タンパク質の摂取量が減るため、「エネルギーを保存しなきゃやばい!」と思い、脂肪よりも先に筋肉を減らしてしまうんです。

カロリー制限をするとお腹が異常に空きますよね?

この空腹状態って体にとっては脅威で、どんなに今までと同じ運動をしていてもエネルギー消費を減らす働きをしています。

なぜなら、筋肉を減らそうとしているので、常に省エネモードになっているから、普段の動作も節約モードになるんです。

ますます消費カロリーが減っていく状況に・・・

ダイエットで摂取カロリーを落とす場合

例えば、いつも2,300kcalを食べていたとして、「ダイエットして痩せる!」って決意して1日の摂取カロリーを1,500kcalに制限したとします。

最初の1ヶ月は順調に3〜5キロ順調に体重は減っていきます。

順調と思っていると、ここで停滞期が訪れます。

その間に体の中では、甲状腺ホルモンの分泌と筋肉が減り、代謝がじわじわと落ちてくる。

脳も危険を感じるので、代謝量をコントロールし始めます。

1,500kcalに。

そう、カロリーを無理やりコントロールしようとすると、摂取カロリー=消費カロリーになってしまい、体重も脂肪も減らないことになるんです。

むしろ、いつも通りに食べたら、リバウンドの危険性がいちだんと高くなります…

なので、カロリー制限をして痩せようとするのはかなり難しいと思った方がいいです。

ただし、さっき言ってましたが1つの条件を除いてはです。

カロリー制限で長期的に痩せる方法とは?

アスリートのように普段から運動して消費カロリーが高い人なら別ですが、痩せるためにはカロリーを制限する以外に他ありません。

では、どうやってカロリー制限をしたらいいのか?

答えば、『強制的に食べたいものを我慢しないこと』です。

人間は好きなものや食べたいものを0にしてしまうと、むしろそれを食べたくなる欲求が増える傾向にあります。

なので、脳の錯覚を利用して食事量を少しずつ減らしていくこと、それと一緒に運動をしていくことでカロリーが自然な状態へと減らすこともできます。

手っ取り早くカロリー制限の効果を高めたい方には、以前ダイエットにはホエイプロテインが効果的と記事に書いた『ホエイプロテイン』をオススメしています。

プロテインは食欲を減らして、筋肉の減少を抑えてくれます。あとは軽い有酸素運動や筋トレ、ストレッチなんかもしてみるのもオススメ。

まとめ

一生のうちにダイエットについやす平均金額が30万円と言われています。

プロテインがちょっと高い…と思うかもしれませんが、これから何十万とお金をかけるくらいなら、数千円や1万円くらいで痩せられるなら嬉しいですよね?

プロテインは少し高めの製品の方が重金属が含まれていなく、安全性も高いので是非とも試してもらえればと思います。