脳の働きを良くしたければ、15分だけアレをしよう

運動は脳機能を高めて、頭を良くしてくれる

 
研究者の間では、言わずもがな知れたことになっていますが、実際の一般の家庭や学校ではどうか?というとそうでもないのが実際でもあります。
 
というのも、勉強は座ってするもの仕事も座ってデスクに向かってやること。運動は運動。
それが普通な環境で教わってきた手前、どうしても座ってするのが当たり前だ!
 
環境ってホントに怖いですよね。
 
未だに左向け左が通用して、それに従わなければいけないという。
 
 
ただ、もっと仕事ができるようになりたかったり、子どもの頭を良くするためにはどうしたらいいのか?
って話だと思うのですが、
 

表題にもある通り、『運動をしよう!』

これに尽きるわけです。
 
 
また、今度話をしますが、座っている時間が長いと、寿命が短くなるという研究もあるほど、奇しくも私たちの体は運動によって左右されるわけで。
 
 

座っているから、むくむし、眠くなるしで頭が悪くなる

 
全身の血流が悪い=頭が悪くなる
 
それもそのはず。血流が悪くなれば脳への血流も低下するので活性化されにくい。
 
 
だったら血流をよくすれば、
 

頭は良くなるし、健康になるしでいいことづくしではないかということ。

 
要は、血流をよくするには運動をしよう!
 
 
これはなにも言わずともしれたことですが、冬に運動をすると体が暑くなりますよね?これは、運動によって血液が全身に送られるために発熱して、覚醒も良くなるというわけです。
 
 
実は、読書や勉強は運動しながらの方が効率も記憶にも残りやすく、かなりいいらしい。
 
 

「脳を鍛えるには運動しかない!」という書籍も

 
 
 
名著と言われる『脳を鍛えるには運動しかない!』 にも書かれていますが、
私たちの脳は運動によって管理することも可能。
 
 
「運動は情動と認知力を高める」という論文(1)によると、
 
 
自転車をごくレベル強さの運動を15分やるだけで、
 
 

短期記憶の能力がアップ

 
そして、
 

気分も良くなった

 
 
とのデータが出ています。
 
 
 
脳の働きを良くして、頭が良くして、毎日いい気分で過ごしたい人は毎日15分だけ運動をしよう!
 
 
仕事中に無理なら、朝の通勤時間や昼休みに軽く散歩をするのもありではないでしょうか?